2008年03月06日

BIOSHOCK

ゲームネタ。

箱360の「BIOSHOCK」というのを買い、昨日クリアした。
FPSだがよくあるドンパチものとは違う。
かなり面白かったと思う。

・ストーリー
普通。
見るべき点は無い。

・世界観
1960年が舞台とのことだが、その辺のオブジェクトからチープな感じが出ていて良い。
そのへんに転がっているジュークボックスをつけるといかにもな曲が流れたり、曲が流れてからレンチで叩くと曲がゆっくりになって壊れていったりでとても満足。

・グラフィック
水の表現は凶悪なほど凄く、他と圧倒的に違う。
他もかなり綺麗。

・演出
世界観とうまくかみ合っていた。
が、ラスボスは予想範囲内で、エンディングもあっけなかった。

・戦闘
超能力っぽいのや、銃、レンチで殴打などいろいろ使えて面白い。
ただ、ザコ敵が少ないかつ自分も強くなりすぎるので、後半は緊張感が無かった。

・ローカライズ
かなり良い。
人声もあっていたし、自動販売機の声もファンキー。
残酷表現もそのままなのは賛否両論だろうが、個人的にはどっちでもいい。

・その他
何処でもセーブできたり、ヒントは出まくりだし、敵にやられてもペナルティ無しだしで非常に親切。
寧ろ、親切過ぎるので個人的にはもうちょっと突き放してほしい。

海外では満点近くの高得点ばかり叩き出しているゲーム。
そこまでとは思わないが、よく出来てるものであることは確か。
残酷表現も含め、ゲーム性は日本製では見られないものなので、違和感ある人もいると思う。
が、ホラー・残酷表現が相当弱い人、極端に3D酔いする人で無ければ試す価値はある作品かと。
PC用体験版もあるようだし。

評価:8.5/10
posted by りー at 00:20| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

怒りのダンク再び

MFCですが。
またもやカードを捻り潰してゴミ箱へ投げました。

守備を緩め、攻撃的・迅速に動いたつもりです。
緊迫した状態での立直も打ちました。
役牌は最早絞ってません。
必死の喰いタン500オールが15順目にあがれました。
次局、ドラをポンしたやつが海底でドラを自摸って倍満あがりました。
この差。

發・中を鳴いている奴がいる状況。
俺は白を必死で対子にし、平和系から七対子一向聴までこぎつけたところでした。
生牌の白を切るやつがおる。
風牌を鳴いているのでなんでもあがれるはず。
ところがその後一向聴であったことが判明。
さらに流局時に結局単騎待ち。
俺は不聴。
このやるせなさ。

配牌で2面子あるととたんに自摸が漢字の書き取りになる俺。
待ちになりそうなとこはことごとく捨てられる。
漸く聴牌した俺だが、場は重たい雰囲気。
もう知らん!と立直。
次順に追っかけが入る。
振りこみました。
次局。
聴牌したが場が重たい。
結局聴牌を取らなかった。
次順に怪しい赤ドラを引く。
流局してみるとどうやら当たりだったようだ。
反省を活かしたんだが、このタイミング。

南二局、2〜4着が3,000点ぐらいの差でTOPは抜け気味の状態。
早いうちに南混一色ドラ3の跳満を聴牌ったが、一向にあがれない。
そうしているうちに立直が入る。
知るか!と突っ込めばやはり振る。
次局も満貫張るが、萬子の染め手に対し最後の最後に一萬を引く。
降りる。
1−4萬があたりだったようだ。
オーラス。
5,200あがれば2着。
しかし一向聴で手が止まる。
で、TOP目が立直。
2着目が2,000点を振り、順位変わらず。
この焦らされ具合。

役牌ドラを聴牌時、俺も祭り槓してやる!と役牌を暗槓。
他人が鳴いた役牌にもろ乗りしてしまって跳萬自摸られる。
ああ、これは申し訳無いと思ったが。
このパスセンス。

普段の自摸で焦らされ、降りると途端に中張牌が集まる。
辺張を落とすと其処が直ぐ入ってて、残した両面はポンされて片側待ちになる。
この迷走自摸。

5順目立直がかかり、知らん!と自摸切った南が一発放銃。
一気通貫確定の跳萬でした。
このピンポイント具合。


実際でも良くあるものばかり。
これを一日(6半荘)で体験した。
4・2・1・4・4・4着。
7半荘目に出親で跳萬を速攻自摸られたところで心の燃料が切れ、止めた。
目の前の出来事に納得できねぇ。
もういい。

暫く他人の打牌を見てようかなぁ。
学生時代も酷い状態になるとよく自分を放牧(禁麻)したもんだ・・・。

posted by りー at 00:50| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

不調

麻雀がやりたくても良い雀荘が無いので、二ヶ月程前から麻雀格闘倶楽部(MFC)を再開してしまっているワシ。

実際の麻雀でも「不憫」だとか「惨い」とお墨付きを貰う配牌。
MFCでも例外は無いようだ。
さらにMFCでは周りが早い(というかプログラムによる意図的な流れと思われる変なツキがある人がいる)為、同じ自摸でも間に合わず、いつも受けに回される。
自摸は悪く無いと思ってるのだが。

しかーし。
ドラが3つ以上あると、喰いタンは喰えずに対面ばかりからキー牌がこぼれ、役牌はいつも鳴けない。
(これは実際でも良くある経験し、最早ワシの仕様になりつつある。)
そして他家が立直(一発)自摸で茶番のような跳満・倍満をあがっていく。
ここ2日、そんなのが続く。
2万点台の3着が定位置化。
3着率が7割以上というへタレっぷり。
オーブ*2のせいもあって段位が8段から5段まで転落。
平均和了順目の速度の数値(MAX:250)が最大でも40程度しかなかったが、とうとう6まで低下。
鳴きたくても、出るのが遅いor早めに出ても手が悪すぎて鳴けねぇーんです。

大体、プレイヤーに緊張感がまったく無ぇのが多すぎる。
無謀な強打は目を瞑る。
せめてお祭り槓(第一打槓、大明槓、他家立直後に暗槓)と役満への特攻をやめてくれ。
「マヌーサ」かかり過ぎ。

そもそも、悪い待ちでも聴牌後の自摸補正みたいなのがプログラム上の仕様として残ってる(と思ってる)からいけねぇんだ。
異様に自摸りやすいから突っぱねるし、立直一発自摸が多いから馬鹿立直が増える。

やっぱり実際の牌&卓でやりたいなぁ・・・。
posted by りー at 02:08| ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

世界の爆弾男

昨日のこと。
ちょっとXbox Liveに接続してみると、そそられるバナーが目に入った。
「BOMBERMAN Live」
んん、これはイカン!

ちょっくら体験版をダウンロード。
SFC当時の雰囲気そのままで、世界中の熱い火付け野郎と対戦ができるようだ。
勢いで今日正規版にアップグレード。
800MSポイント(1ポイント≒1.5円)で初のアーケードタイトルを購入しちまった。

で、早速対戦してみた。
で、無残に全敗した。
・・・アナログスティック、十字キーともに慣れていなくて、隠れたつもりがちょっと出ていて燃やされるミスが多かった。
しかし、それを差し引いても勝ち残れたかは・・・。
皆つえーよ。
でも、めっさおもろい。
サクっと出来るし、配信したばかりで対戦者がすぐ見つかるのがうれしい。

対戦レスポンスは良好だと思う。
外人さんと思われるプレーヤーがラグってワープ移動っぽい動きになってしまってたが、対戦できない程ではない。

Xbox Live Arcade。
こういうのを増やして広告出せば、興味を持つ人が自然に増えるでしょうなぁ。
昔のものをそのままLiveに対応してくれるだけで良いんだけど。

posted by りー at 23:57| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

練馬の戦い

土曜。
フットサル・ゴルフ後にラーメン小僧邸へ泊まりに行った。
目的は以前から目論んでいた対戦大会。
4時間睡眠だったので到着したときは眠かったのだが、いざ始めたら関係なくなった。
土曜は3:00AMぐらいまで。
翌日の日曜は10:00に起きて朝飯・おやつのラーメン以外は下記の対戦やってた。

以降、対戦成績。
・ストゼロ:100戦以上やって負けは5つぐらい。
・CAPCOMvsSNK2:30戦ぐらいして負けなし。負ける気がしなかった。
・ぷよぷよフィーバー:9勝10敗と五分だったため、これが一番熱かったかもしれん。
・鉄拳5:33勝17敗。いろいろ使ったけど負けたのはほぼ非持ちキャラ。
・バーチャファイター4:向かうの持ちキャラを引きずりだせずに8割方負け。
・ウイイレ10:1戦して0−4の負け。(ナイジェリアvs日本。)
・名前忘れた野球ゲームのファミスタモードで1戦。1−11の7回コールド負け。ロッテvs中日。ジャンケンで負けて中日が使えなかったのでダブルで負け。
というか、勝てる気がしなかった。

いやー、面白かった。
こんな勝負も良いね。
やられた3つは練習しないとな。

そうそう、教えてもらったラーメン屋もうまかった。
練馬内でもかなりのオススメだそうだ。

九月にまた遠征しよーっと。
posted by りー at 23:56| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

TOP100

歴代ゲームランキングとやらを見てみた。
http://www.next-gen.biz/index.php?option=com_content&task=view&id=6231&Itemid=2

感想。
・任天堂強ぇ。
・来月発売&購入予定のオブリビオンが19位、楽しみだぜー。
・最近のFFが入っていたことが意外。っちゅかFFは5でしょーが!
・やっぱ外の人にとってはドラクエは無いか。

個人的なランキングを作ったらどうなんだろ。
BESTとか決められねぇよ。
アホみたいにやったもの、それに纏わる思い出、印象深いもの、価値観が変わったもの、守備範囲が広がったもの・・・。

思い入れのあるもの10本選んでみた。
ドラクエ3(NES)
女神転生(NES)
SDガンダム2 カプセル戦記(NES)
FF5(SNES)
風来のシレン(SNES)
ダビスタ3(SNES)
スト2ダッシュ(AC)
幽遊白書 魔強統一戦(MD)
ロードス島戦記〜邪神降臨〜(DC)
クレイジータクシー3 ハイローラー(XBOX)

シリーズものの最高作ではない(と思っている)のもあるし、BESTゲームランキングとはまた違うが、思い入れという点ではこんな感じになるんかなぁ。
「いかにも!」と肯けるソフトはありましたか?
他の人のも聞いてみたい。

posted by りー at 23:59| 🌁| Comment(11) | TrackBack(2) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

Gears of War

評判がかなり良いため買ってみた。
やんちゃな地底人が出てきて困ってるのでやっつけるゲーム。
プレイヤーを後ろからみた目線でやるシューティング。

グラフィックはとんでもないことになってる。
ムービーと実際のプレイ画面が変わらない。
渋くてごついおっちゃん達(おっちゃん主人公最高派)がドンパチやってるので、そういう洋画に参加してるような感じ。
隠れながら撃つ感じがうまくできていて、なかなか面白いです。

操作面は最初ちょっと違和感があった。
Aボタンでいろんなアクションをするので、誤動作しやすい。
精一杯逃げたいときに壁にはりついてしまい、脳天をぶち抜かれて肉片になったことが多々ある。
が、慣れてくると撃つ←→隠れるの移行がスムーズになってきてなかなか面白くなってきた。

不満というか不自然な点は敵の声の訳とその声の低さ。
「人間め!(超低音)」
不自然。
特に敵の隊長クラスのやつがロケットランチャーを撃つときの「ドカーン」はちょっと恥ずい。
あとは銃の種類を増やして欲しいのと、装備をもっと選ばせて欲しい。

一番優しい難易度をクリアしたので、オンライン対戦でもやってみようかと。
ちんちんにされるだろうが、それがまた面白いんだろうな。
協力プレイもやってみたい。
posted by りー at 17:46| ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無双劣化版

一月ぐらい前、xbox360のN3が1,600円ほどだったので買ってみた。

真・三國無双の劣化版だ。
右上のMAP表示の仕方は無双と同じだが、見づらくなってる。
拡大も出来ない。
走るのがトロくて時間かかる。
敵味方がごちゃごちゃしてるのはウリだからいいとして、
その中で誰が敵なのか良くわからない状況になる。
無双での敵体力ゲージが表示されないのである。

雑魚がガードが必要無い程アホみたいに散っていくが、その分まともに動くボスが異様に強く感じてバランス悪い。
ストーリーも説明不足かつ短い為、良くわからん。
そしてセーブの不具合。
あるキャラのエンディングを観たあとセーブして電源を切って再開したら、最終面はクリア扱いだがキャラ自体がクリア扱いになってないのである。
なんだそりゃ。

良い点はコンボの分岐点がそれなりにあることと必殺技による大量虐殺がそれなりに気持ちいいぐらいか。
キャラ全員やってみるつもりだが、それ以上はきついなぁ。
posted by りー at 17:04| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンプリート

やっとカルドセプトサーガのカードをコンプリートできた。
4枚ずつ集めるのが本当のコンプリートなのだが、とりあえず。

カタログを見てみると、なくなったカードがある。
なかでも俺大好きニンジャ、ソンギョウジャ、ボジャノーイ、S.S氏大好きオールドウィロウ、M.T氏の天敵デコイ、うっとおしいミルメコレオ、フライ、HWX、グロースボディ、メズマライズ等は思い入れのあるカードなだけにすぐ気がついた。
新クリーチャーカードは領地能力を持つものが増えた。
で、即時(配置後直ぐ領地コマンド使用可)付きのカードは使えるような気がする。

2回目のパッチが2月末配信予定とか言ってたがまだだ。
これが配信されたらオンライン対戦をやってみようかね。
以前はリセットを押さざるを得ない状況になったが、改善されているんだろうな・・・。
posted by りー at 16:37| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

一周箱

xbox360「カルドセプトサーガ」があまりにも酷い
サイコロに規則性あるとか。
スペルカードが戦闘できるとか。
フリーズ(体験済み)とか。
妙な無限ループ(オンライン対戦入ろうとしてダイアログがループ表示)とか。
馬鹿AIとか。
すっとろい挙動とか。
変な仕様とか。

ゲーム自体は非常に面白いのに。
期待してたのに。


ので、箱を生かすため「デッドライジング日本版」を中古で購入。
まだクリアしてませんが、非常に面白い。
デカめのショッピングモールでゾンビ大量発生。
目的は72時間(実時間は6時間とのこと)生き残ることだけ。
シナリオもあるがほったらかしでもいいし、生存者いるがほったらかしでいいし、ゾンビすらほったらかしでいい。
ゾンビやっつけるだけとか。
写真とりまくるだけ(主人公ジャーナリスト)とか。
店で着替えしまくるだけとか。
生存者助けるとか。
飯を喰いまくるとか。
遊び方いろいろ。
海外を意識しただけあってホントに自由です。
さらに実績(やりこみ要素。ゾンビ10000体以上撃破しろ、とか。xbox360のゲームは必ずあるっぽい)豊富、アイテム豊富なので、飽きにくい。

通路がゾンビだらけなのは見てて普通に圧巻です。
オブリビオンのローカライズ版まで、いやそれ以降もいけるなこりゃ。
が、絵が絵だけに甥・姪の前ではプレイできんのが難点。
親xbox派として嬉しいホントのキラーソフトだ。


・・・とかいってもwiiは欲しいのだが。
スポーツおもろかったもんよー。
posted by りー at 18:28| 千葉 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DS

「Jump Ultimate Stars」やってみた。
なかなか。
キャラは豊富で特徴は出ている。
ボタン一つで技出るので、アクション苦手でもそれなりに爽快感ある。
四人対戦可能なのでだれでも祭りに参加できる。
・・・と連中と対戦したいゲームの一つとなった。
が、まずい点もある。

まず作品ごとのキャラが偏りすぎ。
DB、ワンピースのバトルキャラ多すぎだ。
特に最多のDBは悟空・悟飯・ピッコロ・べジータ・フリーザ・魔人ブウ・ゴテンクスと七人もいる。
悟飯・ゴテンクスはどう考えてもいらんだろ。
バトルキャラが一人もいない作品もあるのに。
悟空・フリーザは鉄板だとしてあと2人ぐらいが限界でしょ。
DB、ワンピースのバトルキャラを減らすか、他の作品のキャラを増やして欲しい。
ただ男塾から塾長、ジョジョからDIO、北斗の拳からラオウが出たのは良かった。

キャラによってレベルの限界があるのもちょっと・・・。
ルフィや悟空などは8コマ(Lv8と思ってもらって結構)もあるが、ちょっとしたキャラは4コマのみ。
差は歴然。
コマが大きいほどほかのコマが使用できないデッキシステムとはいえ、コマLv限界は平等にして欲しい。

さらに、戦闘自体にも問題があると思う。
地上ガードが強く、崩しづらい。
まぁこれはサポートキャラをうまく使えばなんとかなるが。
ガード出来ない攻撃のキャラが筆頭か。

空中でのガードが出来ないが地上ガードで空中の攻撃を防げる。
で、空中攻撃は出が遅くて隙が大きい技が多く、1〜2発打ったら自由落下物体と化す。
酷いキャラは強攻撃が地上めがけて突進で当たっても相手は倒れないため、ただの自爆技。
つまりキャラによっては跳ぶ意味が無い。
これはちょっと・・・。
マシなのは叩き付けるキャラ。
これによって地面に穴がある場合はリングアウトを狙える。
キャラによってリングアウト能力の差もかなりあるし。

と不満を書いたが、やってて普通に面白いと思う。
DS持ち千葉組のS氏、Y氏、Y氏、Iさん、是非対戦したい。

*to炎の方
 飛影(幽遊白書)の黒龍波自分受けが出来ますよ〜。

posted by りー at 17:52| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

○箱版カルド


発売日にamazonから届いて、ストーリーモードをコツコツやっている。

ストーリー自体は相変わらずつまらん。
バカ敵がいて、LV5の土地に止まったがアイテムを使用すれば勝てるのに素で勝負して2,000ぐらい持っていかれてたり、防具アイテムを温存しないので土地をすぐに強奪できたりと、ちょっと不満。

しかし、一番の不満は動き。
トロい。
選択肢が出る際にボタン受付開始になるのが遅いため、いちいち待たねばならん。
画面スクロールも一度止まってからスクロールする。

カードのほうは、クリーチャーの強弱の差が大きくなったと思う。
戦闘中にST&HPを変化するタイプが多くなった。
コストも100程度で高いが、それ以上の働きをみせる。
配置制限・アイテム制限も緩め。
使用クリーチャーが限定してきそうでこれも不満。
ノーマルクリーチャーのコストをもっと下げても良いような気がする。

ちなみに俺が強奪担当にしているのは、以下のやつら。
・新クリーチャー「アスピドケロン」(水)
配置制限:土不可
ST30、HP40。
戦闘中、ST&HP=ラウンド数を加算。
後半になると素で70超えになる。
武器・防具を使用できるため、土以外の守備でも使える。

・新クリーチャー「アベンジャー」(火)
ST40、HP40。
戦闘中にST&HP=+(順位*10)
つまり最低でも50/50。
制限も無いので、使いやすい。

・新クリーチャー「サー・ガウェン」(水)
ST40、HP30。
ラウンド数が20を超えた場合、ST&HP+30。
これも制限も無いので、中盤以降使いやすい。

・新クリーチャー「テング」(風)
ST40、HP40。
先制、巻物強打。
同じエリアの風属性の敵領地に移動できる。
風属性の土地強奪用。

新クリーチャーばかり。
いずれも90〜110のコストで高いが、能力も高い。
加えてナイトメアやドルールなんかの旧作強奪クリーチャーもいる。
バランス取りが難しいんだろうが、これで基本クリーチャーのミノタウロス(火・40/40)がコスト70では奴らノーマルクリーチャーの立場が無いように思ってしまう。


オンライン対戦はまだやってません。
フリーズする可能性があるとのことで、改善されるまで様子見。
ボイチャ環境無いし。
カード制覇までは遠そうだ。
posted by りー at 10:35| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

一周箱

xbox360買っちった。
会社に行った際にヨドバシポイント使用で安く。
ソフトは買ってないが、体験版やアーケードゲームDLして遊んでます。

・バトルフィールド2
サーバに繋がらないとか英語メッセージが出て体験できず。
FPSだけに一番期待してたが。

・PGR3
レース下手な俺。
しかし、舞台が馴染み化した新宿。
体験版ではちょっとしたコースになっていたが、雰囲気はある。

・ソニック
つまらん。
余計な3D化。

・カメオ
よくできたアクションだと思う。
しかしキャラのアメ公っぽさが超強いので、ちょっとひっかかる。

*22日からの俺予報。
 カルドセプトが出てからは連日篭るでしょう。

posted by りー at 12:16| 千葉 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

麻雀格闘倶楽部

日曜、カードを曲げました。
引退します。
理由は対戦者とのスタイルの違い。

必要のない大明槓・加槓や立直、赤牌が加わった鳴き・立直、落ち着きの無い染め手・対々やそれらへの対応の違い等による攻撃麻雀の氾濫だ。
全員が全員とは言わないが、ちょっと多すぎるし、やり過ぎ。

このような麻雀になっているのは何故か。
ちょっと考えた。

プレイしている人は若い人もいる。
当然、実際牌を握ったことが無い人もいるわけだ。
初心者がやる麻雀は立直、もしくは鳴きに極端に偏る。
攻めるほうが簡単且つ気持ちいいから。
そしてこのゲーム、満貫以上を上がった場合は稲妻による演出付きなので、派手で爽快である。
何気に一発自摸も多く、「どうじゃい!」的な感じになりがち。
赤牌が入っているとその満貫がすぐ出るので、尚更攻撃に偏る。
この辺は、実際牌を握って大きく凹まされることが無いと、守備への意識はなかなか生まれないだろう。
痛くないもん。

ワシが学生時代の最初の頃に仲間内でやっていた麻雀はナシナシだった。
赤牌も無い。
一時期は競技麻雀のような裏、槓ドラ無しでやったときもある。
一発はあったけど、手が高くなり難いルールだ。
ここまでやらなくても、ナシナシから入った人は牌の絞りや打ち回しが巧い。
和了が少ない分一回の和了の価値が高い為、当然失点を防ぐのが重要だからである。
(とはいえ、アリアリの方が守備の方法が多くて良いとは思う。
 走られたまま、、が比較的防ぎやすい。
 故に学生時代後半はアリアリになった。)
大きい失点を取り返すのは難しい。
そして負けたときはホントに痛かったのである。
バイト時間増やそう、とか考えたものだ。
だからこそ、守備への意識が高まったんだろう。
とはいえ、フリーへ行くまではワシも井の中の蛙であった。
フリーで揉まれてより守備を考えるようになった。
特に鳴きへの守備。
これも痛い目みたから解ったのだ。

麻雀自体点数を取ってなんぼのゲーム。
あがらなきゃ勝てない。
そのなかでもアリアリ+赤は振り込む機会が多いのも事実。
赤牌が入れば手牌は内に寄せるのがより楽で点数的にも理に適う。
となるとタンヤオが多くなる。
バラの字牌は切られやすくなり、相対的に鳴きも多くなる。
手牌は縮まり、回しにくくなる。
当然聴牌速度は速い。
となれば振り込みやすい。
点数の移動が多いのである。

しかし!
それにしては疑問な点数移動が多い。
ワシは小場の争いが好きだ。
オーラスで全員が満貫未満でTOP条件とかかなり熱い。
現状アリアリ+赤になるのは仕方ないだろう。
だからフリーでも小場は少ないが、皆が抑えたままとか結構ある。
振ればそれなりに痛いもんね。
その小場の確立がMFCはかなり低い。
(其処で勝ち切れないワシも未熟なんだが・・・)

日曜日。
黄龍やらなんたらマスターやら○○〜段やらが、大明槓やオーラス無駄立直、第一打ドラ切り、裸単騎等をやっているのを見て、
「違うなぁ」と。
「此処には違う麻雀が展開されている」と。

吹っ切れた。
posted by りー at 01:31| 千葉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

三代目おかん

MOTHER3をクリアした。

1・2と経験済みで結構楽しみにしていたのだが、
今回のは・・・。
ガキ時代にこれを買っていたらきつかったな。

マップが狭く、それによりゲーム自体も短い。
サクサク進むし、レベルはすぐ上がる。
故に、装備の買い替えも頻繁。
テンポがいいのは良い点だが、上記により大味な展開になりがち。

敵の強さは今までより上。
攻撃の際タイミング良くボタンを押すとコンボになって与えるダメージが増すのだが、これが前提の敵の強さになっており、慣れないと厳しい。
まぁ、これぐらいの難易度はFC時代は当たり前だったが。
しかし、敵がPKを使用するとテンポが悪くなる。
これは非常に嫌。

一番良くなかったのが、シナリオ。
いままでのほんわかムードのMOTHERとは違い、いきなり重い展開。
これ自体は批判の対象ではないが、
「まさかアレな感じにはならんだろう・・・」なアホでも予想できるラスト
がそのまま展開された。
また重い展開になったが故に、MOTHER独特の抜けた言い回しが悪いほうへ働く。
中盤以降もなんだか急な展開で、それまでの物語が戯言になってる。
しかも中盤以降の主要NPCが個人的に嫌悪感を感じるオカマキャラ。
こいつが複数いるためかなり苦痛。
エンディングはもっと酷く、解決になってない。

良かったのは音楽。
作曲者が違うそうだが、これはこれで良かった。
壮言にするのではなく、SFCまでにあった耳に残るゲーム音楽がそのまま流れている。

んんん。
SaGa3を思い出した。
あれも3はがっかりしたなぁ。
posted by りー at 01:23| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

マスターリーグ

ウイイレ10。

マスターリーグですが、破産しました。
1シーズン終了後適当に補強したら年俸払ったときに足りなくなりました。
しかもオートセーブしてたため、ロード完了後即ゲームオーバー画面です。
無駄なデータができました。

レベル3でもなかなか勝てない下手な俺。
周りの連中はレベルいくつでやってるんだろう?
posted by りー at 00:36| 千葉 | Comment(4) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

四年に一度

今年はワールドカップイヤーであるからして、
4作ぶりの「ウイニングイレブン10」を買った。

現在ランダムで選んだチーム(スパルタ)でマスターリーグをこなしてます。
難易度3で1勝1敗6引き分けとか。
ええまぁ初心者ですから。

そのうち対戦の機会もあるだろうから
腕を上げときます。
そのときはナイジェリアを選ぶつもり。
posted by りー at 23:55| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

DS

マジ欲しくなってきた。
ソフトはブリーチ、マリカー、脳、ドラキュラが候補。

ブリーチはトレジャー製作。
乱闘時背後から霊丸(MD幽遊白書)や端でバリア(SSガーヒー)が思い出される・・・。
よだれ出るわ!

マリカーは連中と対戦。
脳は脳。
ドラキュラはシリーズファン。
posted by りー at 23:58| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

やきゅつく

8年目終了、2位。
逆指名で山本浩二とワールドクラスと言われる抑え(多分架空選手)を獲得。
さらに四順目、なんでここまで残っていたのか?と疑問に思う若松勉を獲得。

で、9年目は貯金37達成!!
しかし、カープに2ゲーム差の2位だった。
終了後、ドラフトでまた伝説選手、張本勲獲得。
外野がとんでもないメンバーになりました。
しかし、まだ守備が不安なんだよなぁ。
ということで、無理やりDH制導入。
これにより、センター英智(もうすぐ引退)・DH張本・ライト山本・レフト若松が確定。
控えも三拍子揃った架空選手と守備の達人蓑田浩二がおる。
もう外野はしばらく無理してとらなくていいな。

で内野。
サード長嶋は暫く確定。
ショート井端はあと1・2年で引退だから野村謙二郎をショートにコンバート。
セカンドは「鉄壁の守備」スキルをもつ仁志。
ファーストは足が異様に速く、巧打もいい外人。
んん、セカンド・ショートが周りに比べて弱いが合格点だろう。
欲を言えばショートには守備スキルが欲しいところだ。
残りはキャッチャーとピッチャーだ。
野村克也・今中慎二出てこねぇかなぁ・・・。
posted by りー at 23:42| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

やきゅつく

やきゅつく3

買いました。
不満点あります。

・ロード
 試合開始前(観戦時)、イベント発生時のロードが遅い。
 特に試合開始前は20秒程度待つ。
 前作やってないので知らないが、改善されたらしい。
 でも、気になるレベルです。

・システム
 球団がどれだけ地域の発展に貢献しているか、の地域貢献度があるが、
 これが非常にめんちい。
 経済、環境、交通、スポーツ、生活の5項目と球団注目度があるが
 ほっとくと各項目すぐに下がる。
 で、上げるためにはなんらかの企画を行う必要があるが、
 企画アイテムがなければ企画できない。
 企画アイテムは探してこなければならず(最短1週)、一回で使い切ってしまう。
 もちろん狙ったアイテムが必ず出るわけではない。
 さらに、効果がある企画をするためには3つの企画アイテムをつかう必要があるので、
 一回の企画で約1ヶ月はかかってしまうわけだ。
 1ヶ月ほっとくと貢献度が結構下がる。
 市民はブーブー言うとります。
 しかし、なだめないと球場に来てくれないわけだ。

 完全に余計な機能。
 煩わしい。
 せめて企画アイテムの使いきりをやめて貰いたい。

・契約更改
 年俸の高騰が異常です。
 スタート時の福留の年俸は2億。
 一年目で首位打者、最多安打獲得。年俸6億要求。5億後半で納得させる。
 二年目は首位打者、打点王、最高出塁率。年俸11億要求。アホか。
 こちとら24億しかもってないねん。
 11億て。どこのメジャーリーガーだよ。
 8億で交渉したら、
 「いらないってことですか?」
 ボケ!ケツの毛までむしり取るつもりか!
 自由契約の一択。

 安いうちに複数年契約しないとダメですな。

・怪我多発
 最初は少ない人数でやらなきゃイカンので疲労が溜まる。
 ですぐ故障。
 疲労回復の手段はあるが、一度に一人だけ。
 さらにそれをやるとリハビリができない。
 すぐに戦線復帰させたいからリハビリを選択するが、
 そうすると他の奴の疲労回復ができない。
 疲労蓄積、故障。
 
 故障時は5秒のロードが発生。
 俺の疲労・ストレスも蓄積。
 
 疲労蓄積はわかるが回復マンツーマンてどうよ?
 
等。
しかし、野球好きにはたまらない部分もあるわけで、
・往年のOBが自分のチームに年代関係なく加入!
・チーム名、ユニフォーム、フラッグ等を決められる!
・顔が似ている!
よだれもんです。
良いところのために悪いところを我慢してやっとるわけですな。

「日立2コントローラーズ」、現在5年目。
3年連続ダントツのビリから、打てる外人と転生した岩瀬仁紀が加入して4年目は4位。
母体のドラゴンズから残っている主要メンバーは、
投手:憲伸、岡本、朝倉、山井、鈴木義広、中田、チェン
捕手:清水将海
野手:荒木、井端、森野、大友、英智
5年目はやっと伝説選手、"ミスター"長嶋茂雄が加入!
背番号はもちろん「3」。
三塁は暫く安泰だ。
内野の守備はかなり鉄璧。
外野も、外人守備A、肩Aだし英智は守備A、肩S。大友は守備A、肩B。
捕手の清水は守備A、リードA。
守備が弱いのはレギュラーではいない。
守備でAクラス入りを目指すぜい!
posted by りー at 23:00| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当blogへのコメント・トラックバックは人を限定していません 。

鼻毛が出ていても、靴下に穴が空いていても、左利きでも、地方出身でも、一人っ子でも、
卵アレルギーの方も、素手で熊が倒せない方も御自由に。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。