2008年02月10日

RATM


9日、幕張メッセ。
Rage Against The Machine 単独ライブ。
王子と行ってきた。

7年以上の来日ブランクがあってか、人がとんでもない数になってた。
CDは一枚しか持ってなかったし、それほど聴いてなかった。
が、ライブで圧倒された。
俺ランキング変動である。
高音シャウトが特に頭に残り、今でもライブ風景がすぐ思い浮かぶ。
凄かった。
王子は風邪でよれながらも腕を上げていた。
さすがだ。

最近異常にダレてて、久々の更新になる。
書くネタは結構あったんだが、気が乗らなくてね。
ちょっと締めなおした。

この日は王子部屋に泊まったが、王子部屋は寒かった。
雪が降ってたのもあってか、王子は風邪でダウンした。
日曜は一人でフットサルへ向かった。
これは相変わらずの香車っぷりだったが、なにより体力低下が著しい。
これもどうにかせんとイカンね。

これから日帰り首都圏ライブ参戦もやろうかと思う。
交通費もかかるので頻繁には行けないが、たまには生で見ないとイカンわ、やっぱ。
次はCoheedかな?

posted by りー at 23:12| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

いぽっどこの野郎

ここ半年ほど、itunesで曲を聴いていないのでLast.fmに再生履歴をPostできてなかった。
俺ランキングに変動が無く寂しかったので、最近HDDにも音楽を残すようにし、ipodと同期を取ってipod単体で聴いた曲をLast.fmにPostするようにした。

がしかし、である。
同期を取るとipodがパープリンになり、曲は入っている(空き容量減ってる)のに「曲が見つからん」とか言い出すことがある。
なんどかPCに接続すると直るんだが、原因がわからん。

原因知っている人、おる?


posted by りー at 00:16| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

寿命

約3年前に買った「いぽっど」。
カラーにもなっていない、今となっては旧型のものである。

一ヶ月ほど前から、調子が悪かった。
再生モード変更時、正常なら通常モード→アルバム単位ランダム→全曲ランダムとモードが変わるはずが、通常→アルバムランダム→通常となってしまっていた。
しかし表示は正常時と同じだったので、なんともしょっぱい状態になってしまっていた。
それでも再起動すれば直っていた。

がしかし最近では勝手に再起動や勝手に次の曲、曲の移動に10秒程待たされる等、やりたい放題になってきた。
バッテリーもフル充電で1時間超しか持たないので、買い替えの時期かな。

次は80GBを買うつもりだ。
容量無いと入れ替えがめんちぃもんね。
大多数の曲のランダムが最近ドライブっつーか通勤時のお気に入り。
posted by りー at 21:59| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

CDレビュー

夏に買ったやつ。
遅い俺。

・Built by Blood / Bleed the Dream



・Between the Heart and the Synapse / The Receiving End of Sirens




posted by りー at 19:50| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

Primal Scream@Zepp

20日、水曜日。ZEPP TOKYO。
会社を早退して王子と行ってきた。

生プライマルは初だったので楽しみにしていた。
音は良かった。
大物らしく雰囲気があり、落ち着いていながらも、しっかり盛り上げる。
が、演出がイカン。
白色の強い光の点滅が長く頻繁に使用されていたので、後半はちょっと気持ち悪くなった。
アーティストの意向なのかわからんが、これはキツイ。

でも。
でも、Rocksが流れたらそんなことはお構いなし状態になった。
新アルバムは聴いてなかったが、Dirty Hitsからの選曲が多くて結構楽しめた。
アンコールも二回。
流石、といった感じか。

終わった後は新橋で王子サシ飲み。
音楽や近況を話した。
王子が最近(今更)PS2買ったとか、また明日もHard-Fiのライヴ行くとか。
まあ、この人のライヴ馬鹿っぷりに呆れつつもちと羨ましかった。

また行こうな、王子!!
posted by りー at 01:41| 千葉 | Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

CDレビュー

王子から借りたやつを聴いた感想。

・First Comes First / The paddingtons

・The Back Room / The Editors

・You See Colors / The Delays

posted by りー at 02:21| 千葉 | Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

レビュー

久しぶりのレビュー。
CD自体は結構買っていたんだが。
というかまだレビュー待ち状態があるんですが、近いうちということで。
・The Curse / Atreyu

・Life, Love & Leaving / The Detroit Cobras

・The City Sleeps In Flames / Scary Kids Scaring Kids

・Hand Of Blood / Bullet For My Valentine

posted by りー at 23:50| 千葉 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

馬鹿アイテム入手

オークションにて、snuffの「Oishie Deh」(CD)を手に入れた。
これは来日時の会場限定CDで、レアものである。
LP版はオークションで結構見てたがCD版はホントに見ない。
MP3で持っているものもあったが、音質が悪い。
これを先週見つけ、5,000円で落札。
これだけのレアものなので、落札額も満足している。
なんせ、5年以上探してたものだから。

内容は恒例のカヴァー。
アンパンマン、お弁当箱の歌、軍艦マーチ等が収録されている。
CDでも音質は良くなかった。
が、そこは馬鹿アルバム、聴いていてニヤニヤできます。
レーベル名も「ITAYADO KARAOKE MANEKINEKO RECORDS」。
なんじゃそりゃ。
posted by りー at 00:41| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

mixiステーション

入れてみた。

けど、Last.fmの劣化版だなぁ。
まぁmixi上でランキングが表示されているので、mixi上での音楽に関する検索が楽というメリットはあるが・・・。

Last.fm日本語版は7月中旬らしい。
こいつが出たら確実に負けるような気がする。
posted by りー at 13:09| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

pandora

前から気になっていたサイト「pandora」 http://www.pandora.com
ネットラジオである。
ちょっと試してみた。

・・・こいつぁすげぇ。
好きなアーティストか曲名を入力すると似たような曲を流してくれる。
例えば「Oasis」と入れると「Oasis's Radio」となり、Oasisに似ているアーティストの曲を流してくれるわけだ。
これがホントに同じようなアーティストを勧めてくれるので、かなりいい。
仕事中垂れ流しにしてみたんだが、既に4組ほど購入リスト入りが見つかった。
ジャンルはメタルコア、UKメロディックパンク、ガレージ・リヴァイバル、エモ。
少しでも洋楽を聴く人ならこの抽出アーティストのツボ具合に驚くだろう。
アメリカ在住者用(下に回避策あり)なので、そっちでリリースされていない日本のアーティストの曲は流れないのが残念だ。

Last.fmにも似たような機能があるが、こいつはFlashなので専用プレーヤー入れる必要なし。
で、Last.fmのように履歴から抽出するわけじゃないのですぐ探せる。
Last.fmは「あんたが聴いてるアーティストを聴いている人はこんなのも聴いてるぜ?」なのに対し、pandoraは「そのアーティストを分析したんだが、以下のアーティストが〜〜%以上似てるぜ?」みたいな感じ。
なんでも、声や歌い方、歌詞、リズム、メロディ、テンポ等、様々な要素から似たアーティスト・曲を検索するそうだ。

このサイト、ジャンルを絞って知らない洋アーティストを発見するにはうってつけ。
アカウントなしだと10曲ほど聴いたところで「登録せい!」になってしまうが、アカウントを取得すればだだ流し状態。
お気に入りを勧める機能もあり。
iTMS・Amazonへのリンクもあった(アメリカ版のサイトなのでわしゃ買えんが。)
しかし、アメリカ在住者しか登録できない。
とはいっても郵便番号チェックしかないらしいので、適当に検索して郵便番号いれたら登録できた。
シアトルに住んでることになってます。

Pandoraで聴いた曲をLast.fmに履歴としてポストするサイト「PandoraFM」もあるので、俺的にはネットすることとイコールになりそうだ。
posted by りー at 02:39| 千葉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

Last.fm

ExciteとLast.fmが提携したとのこと。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/05/10/11916.html

夏には日本でもサービス開始するらしい。
これでもっと広がるでしょう。

Last.fmは同じような趣向の人が聴いている曲やお勧めの曲が聴けたり、
その人のいろんなランキングとか見れたりで発見が多い。
希望アカウントだけ入れれば開始できるし、
ipodを持ってる人、音楽好きにお勧めしたいサイトです。

っつーか、Friend登録者が未だに居なくて寂しい。
posted by りー at 12:39| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

レビュー

・When Everything Falls / Haste The Day

メタルコア。
前作が個人的にヘビーローテしてるので購入。
前作より展開が凝っているが疾走感に変わりはない。
最初は嫌悪感を感じるようなシャウトだがよく聴いているとスッと入ってくるヴォーカル、ツインでとても疾走感あり印象的なギター、弾むリズム。
ただ、前作が良すぎた。
期待には及ばなかったが、良い。
評価 8/10


・No Apologies / Eyeliners

ガールズポップパンク。
これも前作が良かったので。
前作より音は重く、より攻撃的に。
しかしメロディは変わりなく良い感じなので、あまり違和感は感じない。
鼻にかかったようなヴォーカルに違和感がなければ聴けると思う。
評価 7.5/10



・Silence In Black And White / Hawthorne Heights

スクリーモ。
音・メロディは悪くないが、ヴォーカルにパワーが足りないように感じる。
まぁ、これは好みの問題でしょう。
ただエモ系は聴いていくうちに印象が変わるので、これから評価UPするかも。
ジャンルがちょっと違うが展開・声からSpital Fieldに似た感じを受けた。
シャウトの弱めのスクリーモが聴きたい人にはウケるかも。
なぁ、王子?
評価 7/10


・Dream / Open Hand

エモ。
しゃがれ声だが張りがあるヴォーカルと疾走感・浮遊感のあるサウンド。
ギターは激しめだが、ただ激しいのではなくエモい。
疾走パートでも歌い上げ時も声とギターの影響でなんか不安を感じる。
リズム隊は軽めだがちょっと雑な音。
やっていること自体が良いので音が良くなれば結構期待できるバンド。
評価 7.5/10
posted by りー at 23:16| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

久々ライブ

Funeral for a Friend(Guest:Fightstar)
Liquid Room

王子と行ってきた。
まずはFightstar。
音・声量はよかった。
しかし、スクリームが単調でエモさも足らない。
客層のノリもいまいちなように見えた。

ちょいと休憩のあとFuneral for a Friend。
やはり生はいいもんである。
History、Streetcar、Red is the New Blackは鳥肌たった。
できればMonsters、Novella、Moments Forever Faded、Bend Your Arms 〜
などワシの好きな曲を聞きたかったなぁ。

ライブ自体はまあまあ盛り上がった。
が、若さからか、盛り上げ方があまりうまくないように思う。
アンコール後の再登場もなし。
楽しかったがひっかかりが残るライブでした。
posted by りー at 17:01| 千葉 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

レビュー

・The Opposite of December / Poison the Well
ニュースクールHC。
以前買ったCDが良かったので歴史をさかのぼった。
この頃は音が非常に荒く、スクリームも刺々しい。
しかし、展開はこの頃のほうがより複雑。
とても聴き応えのあるアルバムである。
評価 7.5/10

・Moonlight Survived / Moments in Grace
エモ。
きれいで壮大に流れるような曲が多く、雰囲気がなんだか冬っぽい。
サビへの盛り上がり方も良く、聴きやすいです。
値段も安いのでかなり得。
評価 8.5/10

・Dishwalla / Dishwalla
ロック、ポストグランジ。
壮大な雰囲気で聴かせる曲が多く、実にアメリカっぽい。
メロディを良く考えてるなぁと思う。
ただ、飽きやすい。
評価 7/10

・End Of The Ring Wars / Appleseed Cast
エモ。
とんでもない激情。
荒々しく髪を掻きむしりながら泣いている感じ。
ノイジーなギター、複雑なメロディ、もどかしく怒るようなヴォーカル。
泣きのエモが聴きたいならこれはお勧め。
しかし、エモ好きの中でも好き嫌いがはっきりでるだろうなぁ。
評価 8/10

・Advent Of Miracle Rmt / Strongarm
既に解散済みのニュースクールHCバンド。
サビまでは曲がりくねった細い脇道をすべて通って家々をハンマーで破壊、サビで大通りを泣いて疾走しながら巨大なチェーンソーでぶったぎる!
俺の印象はそんな感じ。
その破壊っぷりに関心した。
シャウトは普通の人は確実に退くレベル。
展開がうねうねしてるがその分エモ疾走パートがとても印象深くなっている。
スルメ系なので、現状(第一印象)での評価からそのうち上がっていくでしょう。
評価 7/10

〜レビュー待ち〜
Dream / Open Hand
When Everything Falls / Haste The Day
Silence In Black And White / Hawthorne Heights
No Apologies / Eyeliners
Last Stop Suburbia / Allister
Make Believe / Weezer
Keys To The World / Richard Ashcroft
〜取り寄せ〜
Gone Forever / God Forbid
posted by りー at 01:56| 千葉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

反動

CDを多めに買ってみた。
前に買ったもの、王子からいくつか借りたのも含めて小レビュー。

・Scenic / Denver Harbor
Drive Thru 2006で見て良かったので購入。
程よいエモっぷりと俺好みの曲展開をもつメロディック。
評価 8/10

・Good Apollo I'm Burning Star IV / Coheed & Cambria
エモ、パンク、ファンクといろんなジャンルの要素が絡み、
複雑な展開、それでいてキャッチーなメロディ、そして独特の高音ヴォーカル。
唯一無二な存在、コヒードの4TH。
4章(全5作)のうちの4章前編。
相変わらずの変調子エモっぷり。他では絶対聞けない。
じっくり聴き込む必要あり。
評価 8/10

・The Oncoming Storm / Unearth
泣けるメタルコア。
聴き込みがまだ足らないがパッと聞いた感じ良さげ。
何気にメタル系はジャケットもお気に入りが多いことに気付く。
評価 7/10

・The Opposite From Within / Caliban
メタルとハードコアの融合。かなりの怒りっぷり。
高速で攻撃的サウンドで、あっという間に終わる。
頭の中に引っ掻き傷を残していくが、悪い意味ではない。
もっと聞けば評価も変わると思う。
評価 6.5/10

・Die Trying / Die Trying
ちょいとメタルがかったエモいメロディックパンク。
Voの声がちょいとアイドルパンクのような安っぽいが、
メロが良い感じ。
より深みを持たせればおもしろい存在になると思う。
評価 7.5/10

・Stars Of CCTV / Hard-Fi
王子から借りた。
Clashっぽい、というか踊るClash。
独自性があまり感じられないが悪くはない。
評価 6/10

・The Satellite Years / Hopesfall
ニュースクールHC。
静と動の使い分け、音の絡ませ方がうまい。
名前のとおり、宇宙へ!
評価 7/10

・We,The Vehicles / Maritime
王子から借りた。
元Promise Ringと元Dismemberment Planの人が始めたバンド。
両者の良いところを引き継いだ感じで聞いていて心地よい。
インディロック+プロミスリングの王道エモ。
評価 8/10

・Kingwood / Millencolin
スウェーデンのベテランパンクバンド。
王子から。泣きのメロディに磨きがかかってた。
凄く聴き易い。
評価 8/10

・Take Me To Your Party / White Light Motorcade
UKロック+α。
oasis+vinesって言ってる人がいたがそんな大それた感じはしなかった。
評価 5/10

・The Longcut / The Longcut
王子から。
かなりノリのよいインディ+シューゲイザーっぽい音の洪水。
個人的にヤバイです。
ツボる人が他にもいそう。
評価 8.5/10

・Between Two Unseens EP / The Taken
ニュースクールHCの伝説バンド。
Voのスクリームが多少耳ざわりだが、音・曲構成は鳥肌もの。
まだ聞き込んでないので、大いに期待!
評価 8.5/10

・And We Are Bled Of Color / StutterFly
スクリーモ・ハードコア+ニューメタル。
とても深い曲展開、メロは大泣き、音は渋め、
歌い上げ+バックでスクリームやその逆など、久々に外れ曲なしの衝撃作。
曲単体で聴いてもいろいろな顔を見せるが、
アルバム全体が一つの曲のようでもあり、流れを感じれる。
値段も安いし、まずいっしょコレは!
鬼ツボ。
スクリーム、起伏をもうちょっと使ってくれれば言うことなし。
評価 9.5/10


〜Amazon、HMV取り寄せ中〜
The Opposite of December / Poison the Well
Moonlight Survived / Moments in Grace
The Silence in Black and White / Hawthorne Heights
Dishwalla / Dishwalla
End Of The Ring Wars / Appleseed Cast
Advent Of Miracle Rmt / Strongarm

posted by りー at 02:23| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

Drive Thru Tour 2006

14日土曜日渋谷QUATTRO、行ってきました。
相棒はもちろん王子K。

16:20ぐらいにガソリンを入れて車で出発。
錦糸町からアホ混みで18:15に道玄坂の立体駐車場到着。
開始ちょい前に現場入り。

一組目は「DENVER HARBOR」。
三組目の「Fenix TX」(既解散)のメンバーが中心になって結成したバンドらしい。
音はFenix TXより好み。
メロディやVoの声も良かったが、曲の展開が特に良かった。
ステージ上でのパフォーマンスも見ていて楽しめた。

二組目は「HALIFAX」。
期待の新人で王子が一曲だけFuneralに似てると言ったので期待したが、
メロディがあまりピンとこなかったし、ちょっと曲が単調に聞こえた。
ステージで盛り上げようとしているが、何か空回りしてるように見えた。
良かったと言ってたもいたのでなんともいえないが、
個人的にはDENVER HARBORが良かったので相対的に低評価になった。

三組目は「Fenix TX」。
個人的には音源聞いていなかったので楽しみでした。
解散済みということでこのアーティスト目当ての人もいたのだろう。
前に人が集まってきてた。
一組目で見たDENVER HARBORと同じ面子がいたので安心して見れた。
曲はDENVER HARBORよりも直線的なパンク。
ただ、メロはエモいところもあるので普通に良いと思った。

四組目は「Allister」。
安心して聞けるメロディック。
盛り上げ方がうまく、日本語が堪能なメンバーも居る。
「俺の十八番!」とか言って「島唄」カヴァーやったり、
言うに困って「なんだろう・・・。」とか言ったり、
走り回った後「ちょっと待って。」とか言ったり。
良いと思います。

しかし!
三組目が終わったあたりで体に異変。
腰がめっちゃ痛くなった。
立っているのがつらい。
・・・仕事か?仕事のせいなのか?
同じ姿勢で見ていたのもあるが、まぁ座りすぎだろう。
仕事場でも電車でも車でも姿勢悪い格好で長時間座ってる。
とりあえず、仕事時間を減らしたい。
というか、本気で仕事を変えたくなった。
今回が初めてじゃないけど。

帰り際、出口で待っていたFenixのメンバーと目が合った。
一番ごつかったベースの人とちょっと会話。
「Nice!」「Thank you!」
笑顔で握手した。

終わったあとは王子を王子まで送っていった。
その辺で結構有名なラーメン屋「せんごく」(合ってるかどうかわからん)で遅い夕食。
全部乗せラーメンを注文。
なかなかうまかったです。
ただ、油っこいのでスープも飲み干す派の俺はあとで腹にキた。
ラーメン屋入り口にて

その後腰が回復したので帰りにバッティング。
左右合計300程振って帰った。
posted by りー at 02:59| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

やっべぇ!

ちょっと徘徊していたらいいもん見っけた!
「Audioscrobbler」なるもの。

MP3プレーヤーで聴いた音楽の情報をPostするもの。
既に同様の機能を持つ「音ログ」は使用している(右上にPOQUEで表示)が、これはそれ以上。
iTunesだけでなく、各種プレーヤー用のプラグインがある。
Postされたデータはいろんな形で自分のページに反映できる。
Post先である「Last.fm」サイトは各ユーザ毎のアーティストランキングとか、曲ランキング、同じ音楽を聴いている人の検索、音楽購入まで出来る。
さらに「Last.fm Player」を使用すればジャンルごとにいろんな曲を試聴可能。
他人のプレイリストからも試聴できる。
そう俺ラジオ!
まさにワシがやりたかったことだ!
英語サイトだが、日本語曲データもちゃんと表示されるっぽいし。

これ危険だべ!
他に始める人いねぇかなぁ?

ちなみにワシのページはhttp://www.last.fm/user/seafoodbear/
です。
ID:「sidekick」は使われてました・・・。
そのうちサイドバーにランキングとか出してみるかな。
posted by りー at 02:56| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

生オウェイスィス

王子とオアシス日本ツアーいってきました。

生オアシスは初だったので、なんかドキドキ感はありました。
そして初見!
・・・やっぱりリアムは上向いて歌ってた。
この日の内容はヒットパレードみたいな感じで、シングル曲や人気曲をやってました。
特に初期の曲が多めだったので聴かなくなった俺でも普通に歌えた。
Rock'n Roll Star、Shampagne Supernova、Acquiesceは個人的に感動。
会場的最高潮はDon't Look Back in Angerになるのかな。
昔の曲はどれも大合唱だったなぁ。
ま、しょうがないけどね。
あの頃のオアシスは反則級の売れ行きだったし。
実際すんごいアルバム作ってるし。

大きい場所の二階&大画面もなかったので顔がわからんかったが、
さすがにステージ慣れしていて、不安定なところは何処にも無し!
ライブ癖がつきそうな感じでした。
生演奏最高!

その後はライブ馬鹿王子と居酒屋で語りました。
やはりこの王子と音楽の話をすると止まらない。
一日話せるな・・・。
てことで王子、また生音体感しに行こうぜぃ!!
次はイースタン行きてぇなぁ。
天沼メガネ節喰らいてぇ!
posted by りー at 00:00| 千葉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

レビュー

・Elva/Unwritten Law
Bad Religion系メロコア。
そのままの曲もあれば、スカっぽい曲、スローな曲とあったが、ちょっとパワー不足感が否めない。
声の哀愁も弱め。
Bad Religion好きならよいかも。
評価:6(10)

・State Of Flow/No Fun At All
スウェーデンのメロコア立役者。
俺の中で本家Bad Religionを超えてます。
哀愁漂うかつ疾走感溢れるメロディ、程よい重さのベース音、時にノイジーなギター。
もうね、ほんと良いとしか言えない。
このアルバムではサディスティック・ミカ・バンドの「タイムマシンにお願い」をカバーしてます。
異常に饒舌な日本語で。
この饒舌っぷりはダンカン(Snuff)を超えたかも。
何でもカミさんが日本人だとか。
・・・オマエもか!
評価:9(10)

・Group Sounds/Rocket From The Crypt
ホーンを利かせたノリのよいガレージパンク。
元気になります、眠気飛びます、頭振ります。
しかし、解散しちゃってるんだよな・・・。
日本でもトリビュート盤がでるぐらいなので、結構日本人受けするサウンドなんでしょう。
評価:8(10)

・Richard D.James Album/Aphex Twin
初めて聞く音楽。
電子音の集合なんだけどそこにメロディを感じてしまう音。
テクノにもいろいろあるんだろうけど、ちょっと予想外な展開でした。
もっと聴けば印象変わるのかな?
評価:6(10)

・Hours/Funeral For a Friend
ポールから借りました。
イギリス発スクリーモ(前作)。
メロディが非常に深く、音は重く、デスボイスも心地よい。
が、今作は「もうエモはやめた」との当人たちのコメント通り、もうスクリーモではない。
もはやメタル。絶叫はほぼなし。
しかし、そのメロディセンスの良さは相変わらなので、幻滅とまでは行かずレパートリーの一つとして聴けばやはり良い作品なのかな、と思う。
ただ、前作が名盤すぎた為に評価を落としている感はある。
メタル詳しくないので誰に似てるとかはわかりません。
評価:7(10)
posted by りー at 02:09| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

またまた入荷

新しくなったebookoffサイトを覗いてみる。
なんかおかしくね?
とか思いながら以下を購入。

Elva/Unwritten Law
(メロディックパンク)
Evergreen/Echo & The Bunnymen
(ネオサイケ・ポストパンク)
State Of Flow/No Fun At All
(メロディックパンク)
Group Sounds/Rocket From The Crypt
(ガレージ・インディ)
Richard D.James Album/Aphex Twin
(テクノ)

上記はそのうち感想を書きます。

Liquordale/The Peelers
Flogging Morryより聴きやすい、優しい音。
しかし、アイリッシュっぽさは同等。
ノリの良さはFlogging Morryのほうが上。
Flogging Morryは中年の労働者おっちゃんが多い男臭い飲み屋。
The Peelersは女子もいる洒落た飲み屋。
そんな感じがする。
ただどっちも樽酒が欠かせないサウンド。
さすがアイリッシュ。
酒とか言っといてなんだがドライブにも良さげ。

アイリッシュトラッドパンク、カッコイイです。
posted by りー at 20:53| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当blogへのコメント・トラックバックは人を限定していません 。

鼻毛が出ていても、靴下に穴が空いていても、左利きでも、地方出身でも、一人っ子でも、
卵アレルギーの方も、素手で熊が倒せない方も御自由に。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。